カソリング

生涯旅人、賀曽利隆の旅日記

アドレス日本一周 west[195]

投稿日:2013年6月26日

富山湾の「海の幸」

富山←石川←福井←滋賀←福井←京都←兵庫
←鳥取←島根←山口←福岡←大分←宮崎←鹿児島←沖縄←鹿児島←熊本←長崎
←佐賀←福岡←山口←広島←岡山←兵庫←大阪←和歌山←徳島←香川←愛媛
←高知←徳島←和歌山←奈良←和歌山←三重←愛知←静岡←神奈川←東京

 穴水から国道249号を南下。能登半島の名湯、和倉温泉では共同浴場の「総湯」(入浴料480円)に入った。さすが人気の湯だけあってワサワサと混み合っていた。
 和倉温泉から能登島大橋で能登島に渡り、七尾南湾の海を見た。そこで折り返し、和倉温泉に戻った。そして七尾の町に入り、国道160号で富山県に向かった。
 ゆるやかな峠を越えると富山湾岸に出る。海沿いの道を南下し、県境を越えて富山県に入った。
「氷見ブリ」で知られる氷見に着くと、JR氷見線の終着駅、氷見駅前でアドレスを止め、駅近くの「小川食堂」で夕食にする。
 ここでは富山湾の「海の幸」を存分に味わった。
 まずは刺身の盛り合わせ。フクラギとアオリイカ、アマエビの刺身だ。フクラギはブリになる前の呼び名。次はブリの焼き魚。刺身と焼き魚はご飯と一緒に食べた。最後は海鮮鍋。海鮮鍋にはうどんを入れて食べた。いやー、満足。全部で2500円の夕食だった。
 氷見からは海沿いの国道415号を行く。ナイトランで高岡へ。その途中、夜の伏木港に立ち寄った。ここはなつかしの港。2002年のスズキDR?Z400Sで走った「ユーラシア横断」は、伏木港が出発点なのだ。ここからロシア船でウラジオストックに渡り、シベリアを横断し、モスクワからベラルーシ、ポーランド、ドイツ、フランス、スペインと走り抜け、ユーラシア大陸最西端のロカ岬に到達。全行程1万6000キロの「ユーラシア横断」だった。
 高岡に到着すると、高岡駅南口のビジネスホテル「セブンセブン高岡」に泊まった。

第39日目:金沢→高岡
2008年11月8日
走行距離:362キロ(合計9,070キロ)
費用:
テルメ金沢 1,050円
朝食 1,050円
ガソリン 589円
門前じんのびの湯 500円
ねぶた温泉 500円
昼食 1,000円
禄剛崎駐車場 100円
ガソリン 674円
珠洲温泉 420円
和倉温泉 480円
夕食 2,300円
ガソリン 481円
宿泊 5,500円
合計 14,644円
総計 476,390円


IMG_5298IMG_5302

和倉温泉「総湯」
能登島から見る七尾南湾


IMG_5837IMG_5839

県境を越えて富山県に入る
氷見の「小川屋食堂」


IMG_5840IMG_5841

刺身の盛り合わせ
ブリの焼き魚


IMG_1243

海鮮鍋


Comments

Comments are closed.